2020年06月

virus_lockdown_city

1: News茶畑がお送りします 2020/06/29(月) 00:13:52.92 BE:961799614-PLT(13001)
中国当局は28日、新型コロナウイルスの新たな流行を封じ込めるために、首都北京近郊の住民50万人近くを対象に厳格なロックダウン(都市封鎖)を課した。
中国は流行をおおむね抑制していたものの、北京で数百人が新型コロナウイルスに感染し、隣接する河北(Hebei)省でも感染者が確認される事態となっている。

 保健当局は28日、北京から約150キロ離れた河北省安新(Anxin)県を「完全に封じ込めて規制下に
置く」と発表。今年初めに武漢(Wuhan)市において流行がピークに達していた際に実施されたのと同様の措置が講じられることになる。
 安新県の防疫対策委員会は、各家庭から1人のみ1日1回、食料品や医薬品などの必需品を購入する
ための外出が許可されると発表した。


 安新県での今回の動きに先立って、北京では過去24時間で新たに14人の感染者が報告され、6月半ば
以降の感染者数は計311人に上っていた。
 今回の流行は北京の食品卸売市場「新発地(Xinfadi)」で最初に確認されたが、安新県の複数の事業者がこの市場に淡水魚を出荷していたと、国営新華社(Xinhua)通信は報じている。
 中国共産党機関紙・人民日報(People's Daily)系の環球時報(Global Times)によると、安新県では12人前後の感染が確認されており、うち11人の感染がこの市場に関係しているという。

北京近郊でロックダウン、50万人対象 武漢のピーク時と同様の措置
6/28(日) 22:50配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/16d4e00408e15eb2c92e36dfebf59aadea2ab060

【【始まったぞ】中国・北京近郊でロックダウン 50万人対象  武漢のピーク時と同様の措置】の続きを読む

building_art_gallery

1: News茶畑がお送りします 2020/06/28(日) 14:48:00.60
 今月12日に読売新聞オンラインで配信された同紙と美術館連絡協議会(事務局・読売新聞東京本社)の企画「美術館女子」が28日までに公開を終了していたことがわかった。作品を背景に女性アイドルを撮影したプロジェクトで、ネット上では「若い女性を“無知”の象徴として扱っている」「女の子を鑑賞する人間の目線でしかない」などの批判が上がっていた。

 企画のウェブサイトからは写真がすべて消え、「本ページは公開を終了しました。次回以降の連載については、さまざまなご意見、ご指摘を重く受け止めて、改めて検討していきます」というコメントが掲載されている。

 企画では、AKB48チーム8のメンバーの一人が東京都現代美術館を訪れた様子が写真を中心に紹介され、「若い女性は『インスタ映え』に夢中」といった文章が添えられていた。(田中ゑれ奈)

朝日新聞 2020年6月28日 14時22分
https://digital.asahi.com/articles/ASN6X4J6XN6XPTFC008.html?ref=tw_asahi
20200628001

【読売新聞「美術館女子」公開終了「指摘を重く受け止め」】の続きを読む

ramen_syouyu

1: News茶畑がお送りします 2020/06/28(日) 15:10:08.17
ラーメン屋など、飲食店で「不味い」と思ったことはあるかもしれないが、そのことを店主に直接伝えたという人はさすがに少ないかもしれない。

一方で、弁護士ドットコムに寄せられた相談の中に「店主にはっきり不味いと伝えることは罪に問われるか?」という内容のものがあった。

投稿者によると、みんなが「不味い」と認識している場合を考えているようだ。ネット上では、こうした飲食店の評判に関する書き込みがよくされている。

はたして、はっきりと「不味い」と伝えることは、法的に問題あるのだろうか。田中一哉弁護士に聞いた。

●店主本人に伝えても「法的な問題」は生じない

「店主本人だけに『不味い』と伝えても、法的な問題は生じません。

ただし、ほかの客がいるような場面で『不味い』と伝える場合は、形式的には、刑事の『侮辱罪』(刑法231条)や民事の『名誉感情侵害』が問題になります。

しかし、発言者が、実際にその店のラーメンを食べたうえで、正直な感想としてそのような発言をしたのであれば、やはり法的問題にはならないでしょう。

以下ソースで
6/28(日) 9:59配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/73e66f6441bfc89f8bd25b65fb13f4b9d1a548d0
【ラーメン屋に「不味い」と伝えたい客、「犯罪なのか」と心配する…弁護士の見解は? ← もう行かなきゃいいじゃんwww】の続きを読む

room_genkan

1: News茶畑がお送りします 2020/06/28(日) 17:06:53.30
ニューヨーク州では、新型コロナウイルスへの対策として、4月17日から外出時のマスク着用が義務付けられてる。しかし、このところ気候も温かくなってきたせいか、これを守らない人たちが多く見受けられる。

元々、アメリカでは、日本のようにマスクをする習慣はなかった。特にアフリカ系アメリカ人やヒスパニック系の人たちの間では、マスクを着用しない人が多かった。それは、彼らがマスクをしていると犯罪者と間違えられ、銃で撃たれたり、逮捕されかねないからだ。しかし、それらの理由でマスクをしなかったことで、これらの人たちの感染者数の増加に繋がったとも言われている。

もちろん、ニューヨーカー全般に範囲を広げてみても、マスクをしない人たちは少なくなかった。遡れば、スペイン風邪が流行った100年前にもマスク着用を呼びかけたようであるが、結局、このときも習慣として定着しなかったという。花粉症やインフルエンザ対策で当たり前のようにマスクを着用している日本人とは対照的である。

隣人は室外で靴を脱ぐようになった

そんなニューヨークで、アメリカ全体が経済活動再開に向けて動き出してきた今、しきりに語られているのが、「ポスト・コロナ」に向けた自分たちの習慣の見直しである。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まった暁には、これまでアメリカ人の日常的習慣として行われていた握手やハグは、当面なくなるはずだと言われている。長期的にそれが定着するかどうかはまだわからないが、個人的には日本式のお辞儀などが、この際、見直される契機にならないかと密かに期待している。

私の住む隣の部屋には、ニューヨーク市のある有名な病院で救急のマネージメントをしている人間が住んでいるが、彼は今回の感染拡大以降、私と同様、靴は室外で脱ぎ、部屋のなかには持ち込まないように気をつけるようになった。

土足のまま部屋のなかに入って歩きまわる習慣のアメリカと、靴は玄関先で脱ぐ日本の文化との違いが、今回の感染者数拡大の差に関係しているという説もある。私も、外出から戻ると、毎回、靴底までアルコールで消毒したうえで、部屋に靴を持ち込む。靴底にもウイルスが残っているというニュースも見た記憶がある。

一等地のオフィスは不要に?

ホワイトカラーの仕事はネットで回せる

日本でも同じ事情だろうが、今回の外出禁止令で、通勤の苦痛、通勤時間の長さ、車で通勤する無駄などに人々が気づき出した。ワークスタイルの見直しは劇的に進むはずである。マンハッタンの一等地に広いオフィスを構えることは、いままでは一種のステータスでもあったが、これからは郊外への移転も加速するだろう。

また、大手の金融、証券取引、保険、会計、事務など、特にホワイトカラーと言われる人たちの経済活動が、実はネットで十分に回していけることもわかってしまった。いままで海面下に隠れていた岩が、大きな引き潮とともに露出したかのように、いろいろなことが、実は不要だったと「バレてしまった」とも言える。

経済の合理性、効率の追求から鑑みても、コスト削減になるなら「職住分離」ではなく、生活の質を豊かにする意味でも「職住同一」にもなってくる。もちろん職種にもよるとは思うが、「わが社は従業員の生活の質を高めながら仕事をしてもらうために、週の半分は自宅からの勤務で構いません」という会社に、特に若い世代は惹かれていくことだろう。

すると、職場での人間関係から解放されて、ストレスが減ることもあるだろう。通勤時間も減り、家族との時間をより多くとり、生活の豊かさを追求しつつ、エコを意識した生活スタイルに移行する──今回の危機を脱しても、以前の姿に戻るとは考えにくく、ポスト・コロナの社会の在り方を、人々は模索していくことになる。

期せずして、新型コロナウイルスによる経済活動の休止のお蔭で、地球上の大気や海が浄化されたというような報告を多く聞くようになった。グローバル経済と称して、いかにこれまで、人間の経済活動が地球環境を汚染していたかも、これで明らかになってしまった。

国連の提示した、地球環境への達成目標であるSDGsに向けても、ポスト・コロナの世界では、人々の経済活動や日常生活は変容するのだろうか。それとも、喉元過ぎれば熱さを忘れる、となるのだろうか。

この日曜日、5月10日の「Mother’s Day(母の日)」を前に、こちらでは珍しく雪が舞った。急な冷え込みで、果たして街頭でマスクをするニューヨーカーは増えるかどうか、少し気になっている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b72bd3cba142bda91870fa4076f76ea880eb85b?page=2

【マスクを着け、靴を脱ぐ 新型コロナでニューヨーカーの習慣が、まるで日本人のように】の続きを読む

ijime_girls

1: News茶畑がお送りします 2020/06/28(日) 18:22:21.21
【宮崎さん、助けて!】

 会社でいじめにあっています。もうこの仕事やめようかなと思ったりもします。宮崎さんはいじめられたことないですよね?

【お答えしましょう】

 ありますよー!!

 めちゃくちゃあります!!

 一番ひどかったのは小学校のときですかね。小学校って面倒くさくて、低学年のときに仲よかった男の子も、高学年になると異性になって、男子になるんです。

 当時の私は(今もですが・・・)集団行動が苦手なんですよ。人と群れることができない。小学校から高校までは、一緒にいてくれる友達がいないと、アイデンティティーが保たれないじゃないですか?

 本当につらい時代でした。

 小学校のときは、一緒にトイレに行かないといけないとか、交換日記しないといけないとか、帰るときは誰かと一緒じゃなきゃいけないとか、意味不明だけど、すごく大事な掟(おきて)みたいなものがあって、守らないといじめられるんです。

 この性格ですから、すぐにいじめの対象になりました。

 お昼ご飯は1人、体育のときには、誰も2人組になってくれない。

 昼休みも誰も仲間に入れてくれないから、こっそり抜け出して家に帰っていたこともありました。

 石を投げられるとか、私に直接の被害がなかったので、まだマシかもしれませんが、いじめがつらいというより、いじめられているという周りからの目がつらいんです。

 いじめられた理由も、誰かが好きな男の子と私が一緒に帰っていたとか、仲よく話していたとか、トイレに1人で勝手に行ってたとか、まーくだらない。

 でも、このくだらないルールの中でいかに生きていくかが、子供時代は大切なんです。

 中学になると、私は少しずつ、一匹狼のように1人でいることが平気になりました。クラスの友達だけでなく、部活の友達、塾の友達といろいろいるので、ずっと同じ人といなくてよくなって、楽になってきました。

 中学2年になったときには、私と同じような一匹狼女がおり、その子と仲よくなったおかげで、つるまなくても楽に付き合え、お互い にベストな関係を築いていくことができました。

 私には、いじめられても平気な理由がありました。

 なんだかんだ、いじめている人を観察してきて、いじめられている側としての見解があります。

 実は、いじめている人は、不安な人なんです。子供のときにいじめている人は、親がいないとか、親から暴力を受けているとか、親からの愛情が足りないとか・・・まとめていえば、可哀想な人です。

 寂しい、悲しい、不安から誰かにかまってもらいたくて、誰かをターゲットにすることで、相手から自分の存在を確認できる。1人だと寂しくて、悲しくて、不安だから、誰かとつるんでいじめるんだと子供のときに悟りました。

 現実世界も同じで、結局いじめる人は、不安で、寂しくて、自分に自信がない人なんです。誰かとつるまないと不安でしかたないし、誰かをいじめることで、自分の存在を確認しているのだと思うのです。

 そう考えたら、質問してくださった方は、いじめられているという時点で、いじめている人からすると羨ましい何かがあるような気がします。

 一方、局でもいじめない人がいます。それは、自分に自信があり、「人は人、自分は自分」と考えていて、自分が成長したり努力したりすることに関心があるため、人のことはどうでもいいのです。と、理解してからの私の人生は、かなり楽になりましたよ!

 皆さんが聞きたいのは、私が日テレ時代にいじめにあってきたかだと思いますが、自分がアナウンサーとして未熟すぎて、その勉強をしたり、訓練をしたりするので、忙しく・・・おそらく、いや少なからずあったであろういじめに気づく暇もなく、気づいても、可哀想な人なんだなと思ってスルーできました。

 読んでくださっている方にも、いじめている側の人と、いじめられている側の人がいるかと思いますが、私ははっきりと思います。

 いじめている人は、不安で、自信がなくて、群れることでしか自分を保てない可哀想な人。いじめられている人は、羨ましいと思われている、何か魅力がある人、強い人。

 だから質問者さんは、魅力がある人だと思っています。一緒に強くて、自分に自信を持てる人生にしませんか? そんな人は、とっても羨ましい人に間違いありません!
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c680c05342e2f42b5bf7d64914719bbe25145fc

【元日本テレビアナウンサー宮崎宣子「いじめられる人は集団行動が苦手で魅力的な人が多い」】の続きを読む

このページのトップヘ