2020年04月

nurse_cap

1: News茶畑がお送りします 2020/04/29(水) 14:27:41.70
  ドイツの医療従事者と思われる男女がヌード姿で登場し、労働環境や防護服の不足に危機感を訴えるウェブサイトが開設された。新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大する中、最前線で治療に当たる各国の医療従事者は、防護服など身を守るための装備の不足に危機感を募らせている。

ドイツ語のサイト「Blanke Bedenken」には、ヌード姿の男女の写真が掲載されており、一部は聴診器などの医療器具や人体模型、トイレットペーパーなどで身体を隠している。

運動を組織した団体は、サイトに掲載した声明の中で、「私たちはあなたの家庭医です。あなたを安全に治療するために防護服が必要です。手元に残り少なくなった分を使い果たせばこんな姿になります」と訴えた。

さらに、「私たちは全員が無防備です。医療現場にはもっと政治からの支援が必要です」と言い添えた。


医療従事者とみられる人たちがヌードになり防護具不足を訴えている/Blanke Bedenken
no title

【医療従事者、防護服不足の窮状をヌード姿で訴え】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/29(水) 14:11:11.83
「対決ではなく解決」を掲げる国民民主党の玉木雄一郎代表が29日午前、衆院予算委員会で質問に立った。新型コロナウイルスの経済対策として、事業者への家賃支援や生活に苦しむ学生の生活支援、学校の「9月始業」などを安倍晋三首相に次々と提案した。

 「大事なことは、困っている事業者を助けることなんです。このままいくと、来月は倒産、廃業が続出します。ですから、急ぐんです」。玉木氏は予算委で、政府の家賃支援が不十分だと指摘。野党が28日に衆院に提出した「家賃支援法案」をベースに与野党協議を加速させるよう、自民党総裁でもある首相に迫った。

 学費の支払いなどに窮する学生への支援拡充も要請。休校の影響で「教育格差が生じている」として、「9月入学、9月新学期に移行するのも一案だ」と提案した。これに対し、首相は9月を新学期とすることについて「これくらい大きな変化がある中においては、前広に様々な選択肢を検討していきたい」と答弁した。

低い支持率、「気にするよりも…」
 旧民進党の分裂を経て誕生した国民民主党は結党時から、長期的な政策提言を重視してきた。新型コロナをめぐっては、早期の緊急事態宣言、一律10万円の現金給付を主張。これらは結果的に実現。さらに働く妊婦の支援策などの提言を続けている。

 野党第2党である国民民主の提言路線は、野党第1党の立憲民主党と一線を画し、独自色を出す戦略でもある。しかし、国民民主の支持率は低迷。朝日新聞社が行った4月の世論調査では1%にとどまっている。有権者に向けた「発信力」が課題になっている。

 玉木氏は予算委での質問後、支持率低迷について記者団から指摘され、「今は支持率を気にするよりも、一つでも多くの役に立つ政策が実現すればいい」と強調。「政府の足を引っ張るんじゃなくて、尻をたたくという観点で頑張っていきたい」と語った。

     ◇

 第201回通常国会。国会や政党など政治の現場での様子を「政治ひとコマ」としてお届けします。(山下龍一)

2020年4月29日 13時55分
https://www.asahi.com/articles/ASN4Y4FZLN4YUTFK009.html
figure_ashi_hipparu


【「政府の足を引っ張らず、尻をたたきたい」と言いつつ、足を引っ張る国民民主党玉木氏wwwww】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/29(水) 10:29:02.74
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、自治体から休業を求められるパチンコ店。
全国で要請に従わない店舗が問題視される中、現在も営業を続ける福岡県内のパチンコ店の男性経営者(44)が28日、西日本新聞の取材に応じた。

同県は29日、要請に従わない店名を公表する方針。
男性は「やり方が乱暴すぎる。社会全体が『パチンコ店を悪』とする風潮に恐怖を感じる」と訴える。

男性が経営する店は、政府の緊急事態宣言に伴い県がパチンコ店などに休業要請した今月14日以降も、午前10時~午後11時の通常営業を続けている。

男性によると、感染防止策として使用するパチンコ台を半分にし、使用済みの台の殺菌作業や店内の換気を徹底。
従業員と客にマスク着用を義務づけ、マスクを持っていない客には無料配布する。

多数の客が来店しないよう宣伝用ののぼり旗も撤去した。「お客さんは台と向き合うため、飛沫(ひまつ)感染のリスクは低い。『3密』を避けるためにできる限りの対策はしている」

店内には常時約100人の客がおり、1日の売り上げは数百万円。

ほぼ全額を家賃や人件費、台の修繕費などの固定費に充てる。売り上げが減少した中小企業に国は最大200万円、県も最大50万円の給付金を支給する方針だが、「そんな金額ではすずめの涙にしかならない。従業員19人の雇用と景品納入業者などの取引先を守るためには営業を続けるしかない」と話す。

県からの再三にわたる休業要請に対し、男性は25日に計10枚の意見書を県に提出した。

「必要以上に行動を制限することは人権侵害に当たり、憲法違反だ」と主張している。

「パチンコ業界はつぶすべきだ」「店を爆破する」。インターネット上には営業店に対する過激な言葉が飛び交う。

男性は「パチンコ店だけが標的にされ、もはや要請ではない。つるし上げのようになっている」と危機感を強めている。


休業に応じぬパチンコ店 経営者「店名公表は乱暴すぎる」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00010001-nishinpc-soci
building_pachinko

【パチンコ店経営者が訴え 「店名公表は乱暴すぎる。人権侵害に当たり、憲法違反だ」 ← 営業自粛はパチンコ屋だけではないのだが・・・】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/29(水) 09:25:24.44
友達が5万円で週刊誌にネタをリークした
 A嬢がまず一番に訴えたいのは、自分が情報をリークしたわけではないということだ。

「よくLINEをしている友達に、『お客さんに国会議員がいて驚いた』と伝えたのは確かです。お客さんの個人情報を第三者に伝えている時点で、情報管理が甘かった点は反省していますが、でも、『今日はこんなお客さんが来た』とか、『ヤバいLINEが来た』とか、スクショも含めて友達と送り合ったりなんて、みんなやってることじゃないですか。

 高井さんが来店した後日に週刊誌の記者の人がお店の前で待ち伏せしていて、話を聞かせてくれって言われて。それで友達に問い合わせたら『タイムリーでちょっとお小遣いになりそうかなぁて思っちゃったから! まずかったかなぁ?』『自粛してて暇すぎてストレス溜まってて発散しちゃった』って。信頼していた友達に裏切られたのがとてもショックだったし、高井さんは優しくていいお客さんだったから、こんなことになってしまって悲しかった。その友人とはもちろん絶縁しました」

「記事にはしないから」と言われバリアンで取材を受けた
 友人だった男性のリークによって週刊誌から直撃取材を受けたA嬢は「記事にはしないから話を聞かせてほしい」という言葉を信じ、記者の取材に応じたという。

「お店の前で待ち伏せされて、話を聞かせてほしいと言って、断っても帰ってくれなくて。正直、いきなり待ち伏せされて、ストーカーみたいで怖かったです。『おいしいもの奢ってあげるから』とか『(君は政治のことをわかっていないから)政治について教えてあげるから』とか、すごくバカにされてるんだなってことはよくわかりました。取材中も私の言うことを鼻で笑ったりしてたし。

 それで、営業自粛でお店もどこもやってないから、近くのバリアン(ラブホテル)に行くことになりました。男性の記者と密室で2人きり、しかもラブホで話をするのはすごく怖かったんですけど、断れる空気ではなかったのと、『高井さんに迷惑をかけたくない、記事になるのを防ぎたい』という思いでついていきました。

 でも結局『これは国会議員として許されないし、記事にすべき話だから。記事にするから』って言われて。私は話が違うと思って、言い争いになって、そのままとっくみあいみたくなったんです。密室だったし、怖かったから『警察に通報しますよ!』と言ったけど、『帰らせないよ』と言われて……。『記事にしない』なんて言葉を信じてついてったのがバカだったんですね」

高井さんは優しくていいお客さんだった
 高井議員の行動が国会議員として許されるものではないという点は議論の余地がないが、A嬢にとっては、「高井さんは優しくていいお客さんだった」のだという。

「コロナのせいで全然お客さんも来ないし、その日は私もやる気が全然なくて、化粧もろくにせずに店に入ったんですよ。それなのに『かわいいかわいい』って褒めてくれた。全然ブスなのに」

 二人の会話はA嬢の経済状況や現在の生活、いまの仕事をはじめたきっかけにも及んだ。A嬢は、大学を卒業してからIT系の企業に就職してSEとして働いていたが、年収は300万円以下なうえに、奨学金500万円の返済もあり、生活が苦しすぎて24歳のときにいまの仕事をはじめたという。

「ダブルワークはきつかったけど、それで奨学金を全額返せたのはよかったです。その後会社を辞めて、手に職をつけようと思って専門学校に通い始めました。課題が忙しかったからお店で働くのもしばらくは辞めてたんですけど、教員に嫌われて学校の留年が決まって、追加で100万円の学費がかかることになってしまって……。それでまた出戻りで働き始めたんです。

 高井さんに、いまは専門学校に通っているって話をしたら『じゃあ、学費のために働いてるの?』『いま全然お客さん来なくて大変でしょう』と心配してくれました。お店は歩合制だから、延長もしてくれて、いまの私にとっては本当に助かりました。私は政治のこととか、国会議員としてとか、難しいことはよくわからないけど、今まで接客した人のなかでも珍しいくらい、優しくて癒されるというか、いい人でした。

 リークした人のLINEにもありますけど(『ちょっとだけもったかも 実際に見たわけじゃあ無いからね』)、話が大きくなって、実際は言ってないことまで言ったように書かれているのもショックでした。『SMプレイがしたい』『パンツの中が精子まみれになっちゃった』なんて高井さんは言ってないのに……。平気で嘘が書かれるんですね。みんな信じないでほしいです」

全文はソース元で
4/29(水) 8:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-01663228-sspa-soci
job_mizusyoubai_kyabakura

関連
【有害野党】コロナ緊急事態下で立憲民主党・高井崇志議員が「風俗店」で濃厚接触←これどうすんのwww

【高井議員を接客したセクキャバ嬢を直撃】の続きを読む

1: News茶畑がお送りします 2020/04/29(水) 10:31:09.55
 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言のなか始まった大型連休(GW)で、低山に登山者が集中している。愛知県豊田市と瀬戸市にまたがる猿投山(六二九メートル)の山頂には大勢の登山者が訪れ、ピーク時に約六十人が密集。本格的な登山に自粛要請が広がる一方で、低山ならば問題はないのだろうか。

 「これはだめだね」。好天となった二十六日午前十一時すぎ、登山者でにぎわう山頂スペースに上がってきた瀬戸市の六十代と七十代の女性二人組は、即座にきびすを返した。子どもを連れた家族が目立ち、お弁当を広げる八人ほどのグループも。体力低下を心配して三週間ぶりに外出したという名古屋市の五十代女性は、「近所の小幡緑地は人が多いのでこちらに来たが、まずいなと思った。でも山に来て元気が出たので、また家で頑張りたい」と笑顔で下山した。

 猿投山は歩きやすい主要道と多彩な枝道があり、初心者や家族連れ、トレイルランナーにも人気の低山。正午時点で第一、第二駐車場合わせ計百十台分が満車となり、登山口付近には路上駐車があふれた。登山中にマスクをしない人は半数程度いた。

 健康維持のためのランニングや散歩は外出自粛の対象ではなく、取り組む人が急増している。

 一方、本格的な登山は県をまたいだ移動で感染を広める可能性がある上、遭難時の救助者への感染や、切迫する医療への負担など懸念が多い。二十日には国内の主要登山団体が自粛を呼びかける共同声明を出し、現在は大半の山小屋が休業。山梨県北杜市など、登山道を閉鎖する自治体もある。

 こうした動きも、近場の低山に登山者が流れる一因だ。自身も登山をする愛知県立大の清水宣明教授(感染制御学)は「休憩時のおしゃべりや飲食で飛沫(ひまつ)が飛ぶことはありえるが、風はあるし、室内よりリスクは低い。行動中のリスクはランニングや散歩と同等」と、感染リスクは低いと指摘する。

 とはいえ、リスクはゼロではない。愛知県半田市のトレイルランナーの四十代男性は、GW期間中に三重県の鈴鹿山脈に行こうと考えていたが、県外への移動になる上、けがをすると自力で下山するのが難しいため断念。この日はトレーニングで訪れたといい「人とあまり接触せず、誰にも迷惑かけずに帰宅できることが一つの基準。自粛するかしないか、そのちょうどはざまにある存在が猿投山」と話した。


https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2020042802000263.html
jitakutaiki_ieniiyou

【低い山なら登っていい? 愛知・猿投山に登山者が密集 ← 家の近所を徘徊するくらいにしようや・・・】の続きを読む

このページのトップヘ