senkyo_bako

1: News茶畑がお送りします 2020/07/12(日) 11:12:07.21
 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志、タレントの指原莉乃が12日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。指原は5日に投開票が行われた都知事選の低投票率をなげいた。

 東京都選挙管理委員会によると、投票率は55・00%で、前回(16年)の59・73%を4・73ポイント下回った。指原は「自分が大人になって関心も上がってる。(SNSで都知事選の話題を)目に入る回数も、いつもよりずっと多いような気がした。『これは、みんな投票に行くんじゃないか』と思ったけど、やっぱりそんなことはなかった」とぽつり。

 「前より芸能人の方も『行きましょう』『勉強しましょう』という人が増えてきている。でも、やっぱりまだ若者には届かない」と現状への思いを語る。そして「(新型コロナウイルスで)人が集まるのが怖いというのもあるけど、結局、これから自分たちがどう生きやすくするか。自分たちの世代で、みんなで変えていこうという気持ちがあるなら行ってほしかった」となげいていた。

 一方の松本は「お叱りを受けるかもしれない」と前置きをした上で「『行こうよ、選挙』と、みんな言うんでしょうが、消去法的な選挙に意味があるのか、と。僕は今回、都知事選という選挙を消去した」と投票に行かなかったことを告白。「『なし』を設けてくれたら行くけどね」と持論を展開していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200712-00000318-oric-ent

【松本人志さん、堂々と都知事選に投票しなかったことを公言、選挙すら行かないやつに意見なんてされたくないよなwww】の続きを読む

dam

1: News茶畑がお送りします 2020/07/11(土) 19:57:26.06 ● BE:295723299-2BP(2000)
 熊本県の水害では、川辺川ダムが建設中止となったことが焦点となった。昨年の台風19号では八ッ場(やんば)ダムの存在も話題になったが、民主党政権が掲げた「コンクリートから人へ」の功罪はどうだったのか。

 今から約11年前、2009年8月30日の衆院選挙で民主党政権が誕生した。公約の中に「コンクリートから人へ」があり、そのシンボルだったのが「東の八ッ場ダム、西の川辺川ダムの中止」だった。

 その当時、筆者はこの中止に反対の立場から、いくつかの書籍や論考を発表した。単に政治思想から反対したのではなく、サンクコスト(埋没費用)による意思決定理論から論じたものだ。

 サンクコストとは、経済学でよく使われる概念で、それまで投入したコストは度外視して考えるというものだ。公共投資に則して言えば、完成までに要するコストと完成後の便益を比較し、便益が勝るときには工事継続、便益が劣るときには工事中止となる。この理論からみれば、完成間近だと、工事中止はもったいないということになる。当たり前の話を定量化しているだけだ。

 八ッ場ダムも川辺川ダムも、どのように計算しても、工事中止という結論は出てこない、と筆者は書いた。この考え方は今も同じである。しかし、当時は政権交代の熱気があり、一部のマスコミは、八ッ場ダムと川辺川ダム中止を熱心に支持していた。なお、筆者は工事続行の場合、今の建設国債発行の他にも、ダムによる収益を返済財源とする「レベニューボンド(事業目的別歳入債券)」の方式も提案していた。この方式なら、公共事業の採算可能性について、資金の出し手もチェックするので、採算性がよりまともに検討されるメリットもある。

 八ッ場ダムについては、地元の群馬県知事だけはなく首都圏知事も中止に反対したので、民主党政権時代に中止から建設続行に転じた。これは、結果として、その後の治水環境に大きく貢献し、大きな水被害の予防に貢献しただろう。

 一方、川辺川ダムについては、地元熊本県において、08年3月に蒲島郁夫氏が知事選に当選し、現在にいたるまで知事を続けている。民主党の「コンクリートから人へ」は、ダム中止を決定的にした。

 蒲島氏は、当時から「ダムによらない治水」と言い続けている。考えられるのは堤防などの改良であるが、それを河川全体で行うより、上流の1カ所にダムを作る方がはるかにコストパフォーマンスがいいのは明らかだ。

 結果的に、「ダムによらない治水」はできていないことが、今回の災害で明らかになった。しかし、今にいたっても、蒲島氏は「12年間ダムなし治水ができず悔やまれる」とかいう第三者的な発言だったのは、当事者意識に欠けているといわざるを得ない。

 蒲島氏の脱ダム行政を検証し、今後の政権運営に生かすべきだろう。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)


【日本の解き方】民主党政権が掲げた「コンクリートから人へ」に踊った報道と流された国民 “脱ダム行政”の検証が必要だ
2020.7.11

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200711/dom2007110004-n1.html

【民主党さん「コンクリートから人へ」→マスコミと国民さん「脱ダム!」→熊本県民さん「脱ダム!」→死】の続きを読む

character_noukin

1: News茶畑がお送りします 2020/07/11(土) 21:43:20.97
タレントの小島瑠璃子が7月8日、自身のツイッターを更新。九州全域に甚大な被害をもたらした記録的な豪雨にコメントを寄せたところ、粘着質な〝筋トレ民〟に絡まれてしまった。


コトの発端は、小島が4月21日に元『AKB48』の板野友美とインスタライブを行った際、「筋トレって世界で一番意味分かんないんだよね」「筋トレじゃなくて、筋肉がつく何かをやればいいと思うの。ラグビーやってて筋肉がつくとか、格闘技やってて筋肉がつくっていう方が好き」「男たるもの、見せるための筋肉じゃなくて、使える筋肉を持っとけよって思う」「だって、何かあったときに人の役に立つ筋肉の方が良くない? どうすんの? 見かけだけのムキムキ」との持論を展開したこと。


この発言が筋トレ民を敵に回し、「男性蔑視」とも批判の声が殺到。その後、小島はツイッターで《筋トレって筋トレしてる人にとって聖域なんだってことが分かったよ》《ただの男性のタイプの話だからね》と、絵文字付きで弁明したのだが、火に油を注ぐことになっていた。


・筋トレ民「届け!ぼくらのこの想い」

「以後、小島は執拗に筋トレ民に粘着されるようになり、〝ドラマを見ている〟とツイートすれば、『そのドラマにもムキムキ俳優出てますけど』などとツッコまれたり、くまのプーさんのマグカップを紹介すれば、『プーさん筋肉質?』『コップ使って筋トレですか』などとリプライを送られたりなどしています」(ネットメディア編集者)


そんな中、小島は今回ツイッターで豪雨による甚大被害が出ている九州地方に対し、《九州の方々を想っています》とコメント

するとやはり、リプライ欄には、一部筋トレ民と思しきユーザーから、

《筋肉のことも想ってください》

《ボディービルダーは解剖学、生理学、力学を学び、トレーニング以外でも食事制限などして日々努力しています。こんなストイックなスポーツは他にありません。ぜひボディービルダーの世界や大会を取材していただき、知ってもらいたいです》

などと、筋トレに結び付ける声が寄せられている。

https://news.biglobe.ne.jp/topics/entertainment/0711/81839.html
20200712001

【小島瑠璃子さんに筋トレ民が粘着wwww】の続きを読む

このページのトップヘ